街知の箱(まちのはこ)

山口の商店街にあるレンタルスペース♪ 営業日は毎日、個性光るハンドメイドやイベント等をお伝えします。


♥にほんブログ村に参加中です。ポチっとクリックされると、ブログ作成の励みになります。♥ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ

2017/09

こんばんは!

宿の男性スタッフは、私の荷物を持って彼が依頼したGrab(グラブ)のタクシーまで見送ると主張し、女性スタッフは慌ててさよならを言いに駆け寄ってきました。彼らのフレンドリーな対応を受け、「私ってば1泊とは言え、個人個人に挨拶もせずに出発しようとしてドライすぎたかな?」とちょっと反省しました。しかし、その男性スタッフが道すがら「写真を撮っていい?」と質問してこっちが返事する前にスマホで撮影したときは、そのフレンドリーさに笑っちゃいました。そうこうして短い路地を抜けると車が既に待っていて、中に若い男性の運転手さんがいました。もしかしたら乗客が外国人だとは思わなかったのか、少し緊張した様子でした。ずっと無言な空気のまま30分も後ろに座っているのは嫌なので、走行中、彼の様子を見ながら会話をしようと試みました。トヨタのミニバンだったので、「良い車ですね」と(※本音で)言ったり、「この建物は何?」と質問したりしました。最初は一言二言でしたが、徐々に気持ちがほぐれたようで、一生懸命に英語を使いながら色々と地元の食事処や名産などを教えてくれました。話が弾んだので、あっという間にジョンボル・バスターミナルに着き、見積もり通りの3万4千ルピアを支払い、ボロブドゥール行きのバスへ乗り込みました。ちなみに、このバスがなかなかのオンボロバスだったので、予告編として写真を貼っておきますね。
CIMG0693


さて、本日は針ねずみさんの作品をご紹介します。

パンダ
CIMG1360
久し振りにフェルトを使った作品です。可愛いですよね。


コースター
CIMG1357
針ねずみさん、左のコースターの左下のに沿って刺し縫いをされていますよ。そして、そのまま裏返すと、下の通りになります。
CIMG1359
画像では伝わらないフワフワとした手触りをぜひ実感しにいらしてくださいませ。しっかり水滴を吸収してくれることが伝わることでしょう。


これらは、左側の前から3番目の棚、最下段にございます。
CIMG1361
パンダは立ったままだとご覧になれないかもしれないので、少し屈んでみてください。


こんばんは!

灼熱の迷路から抜け出すことができた上、冷房が効いた車内は快適なので、ホッとしました。しかし、暫くすると適正価格の国で育った私はやっぱり最低料金のことが気になり始めました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ タクシーは5分位で指定した場所に着き、メーターの金額は12,500ルピアを表示していました。最後の悪あがきで「本当にここのタクシーは皆、2万5千が最低料金なの?」と聞きましたが、「本当だよ。間違いない」と言われました。信じることができない私、一瞬「メーターの金額だけを置いて出ようかな?」と思いましたが、「まぁ、最初から分かっていたことだし、250円だし」と自分を納得させ、言われた金額だけを払いました。(実はこの時点で他にも寛容になれる訳があったんですよ。その訳が気になる方は街知の箱で直接お尋ねください)

それでも、真実が知りたい私、宿で「ジョグジャカルタのタクシーの最低料金が2万5千って本当?」と聞きました。二人のスタッフから「会社によってはそういう設定がある」と言われ、更に「流しのタクシーは高いから、皆は大抵スマホのアプリを使っている」と言われました。そして、二人はそのアプリを使ってボロブドゥール行きのバスが出るジョンボル・バスターミナルまでのタクシーを手配してくれました。

ちなみに、インドネシアではUber(ウーバー)、Grab(グラブ)、 GO-JEK (ゴジェック)の3社がタクシーのオンライン配車サービスを行っているとGrabに登録している運転手さんが教えてくれました。以前、日本の情報番組でアメリカから日本に進出したUberを取り上げたことがあったので、希望の場所まで車を運転してくれる一般人と乗客をマッチングさせるサービスがあることはなんとなく知っていました。オンライン配車サービスは、適正価格のタクシーが多い日本では苦戦中ですが、インドネシアでは、GO-JEKがインドネシアの会社であることからも、成功を収めているようです。この度の旅行で実際に利用してみて、タクシートラブルが懸念される国やタクシーが少ない国を旅する外国人は、このアプリを利用すべきだと思いました。スマホで呼んだ場所に来てくれるし、最初に目的地を入力すれば、運賃の見積もりも出してくれます。見積もりがあるので、遠回りされる心配もない(少ない?)です。便利な世の中になりましたよね。


さて、本日はちいやさんの作品をご紹介します。

トリ
CIMG1347
かなり大きいので、非売品と思われた方がいらっしゃるのでは?
CIMG1345
こちら、なんと700円です。安い!値札が底に貼ってあるので、確認できますよ。


ヘアゴム(うさぎ)
CIMG1352
尻尾が立体になっていて、可愛いですよね。


ヘアゴム(葉)
CIMG1350
これらは秋コーデにピッタリですよね。


ヘアゴム(花)
CIMG1351
シンプル好きな方、ちょっと髪に季節感をプラスしたい方、いかがでしょう? 


ヘアゴム(丸)
CIMG1349
コロコロしていてポップな可愛さがありますよね。


ここまではちいやさんのお店にございます。
CIMG1353
場所は、一番
奥のギャラリースペース左側の棚、中段です。


そして、店頭ハロウィン』イベントにも彼女の作品が並んでおります。

ヘアゴム(丸)
CIMG1344
ハロウィンカラー
が勢揃い♪ ハロウィンを楽しみたい方、いかがでしょうか?


最後にお知らせです。
CIMG1314
9月12日(火)のツイッターでご連絡しておりましたが、おそめばこさんが10月2日(月)に退店されます。

ぜひ最後にご覧くださいませ。


こんばんは!

タマン・サリから宿に戻ろうと歩いていましたが、すっかり迷ってしまいました。「南下するだけで良いので、簡単」と思っていたのが間違いでした。地図に載っていない小さな路地がたくさんあって、今どこかが分からなくなりました。すると、流しのタクシーが声をかけてきました。海外で話しかけてくるタクシーは大抵ぼったくり。いつもなら無視をしますが、まさに渡りに船!「メーターを使う?」と聞きました。「使うけど、どんな短距離でも最低2万5千ルピアかかるよ」と言いました。「高い!宿から(ボロブドゥールへ行くための)ジョンボル・バスターミナルまで3万4千ルピアなのに、高すぎる!」と言ったら、「その値段はGrab(グラブ)※でしょう。(※オンライン配車サービス)ジョグジャカルタのタクシーは全て2万5千ルピアが最低料金だよ」と言いました。今までの海外旅行の経験やこの旅行の下調べから、彼の話はめっちゃ眉唾もの。しかし、冷静に考えると日本円で250円未満。問題なく支払えるし、払っても今後の旅に支障はなさそうな値段です。最低料金の真偽は分からないけど、価格より価値!無理して歩き回ったり、変に争うよりは、彼の車に乗っけてもらって現状を打破する方を選びました。


さて、本日は❀m. おはなむさんの作品をご紹介します。

マスクケース きのこマスクケース つばめ
CIMG1333
❀m. おはなむさんも実際に愛用していて、イチオシの作品です。


マスクケース レモンマスクケース ハーフムーン
CIMG1338
中にはオマケ使い捨てマスク透明ケースが入っています。マスクを使わない方、お薬手帳も通帳も入るサイズですよ。


ふくさ 七宝 ピンク
CIMG1340
パッと見、喜びの気持ちが伝わるふくさですよね。中のご祝儀袋オマケです。


まあるいきんちゃく 麻と青小花
CIMG1330
素敵な柄ですが、なかなか縫うのが難しい布だったそうです。


二重つまみのブローチ(クリップ)白とすみれ+麻
CIMG1321
久し振りのつまみ細工です。相変わらず素敵な色の組み合わせです。


❀m. おーたむこれくしょん 抹茶
CIMG1329
❀m. おーたむこれくしょん4点ございますが、全てブローチです。


❀m. おーたむこれくしょん ピンク
CIMG1328
コラボされている羊毛フェルト❀m. おはなむさんの手作りです。


❀m. おーたむこれくしょん こげ茶❀m. おーたむこれくしょん むらさき
CIMG1322
❀m. おーたむこれくしょん こげ茶だけは、ピンとクリップが両方付いていますが、他3点ピンだけです。


きのこ
CIMG1319
羊毛フェルトきのこを立体に表現するのに苦労されたそうです。


ハリネズミ(大)ハリネズミ(小)
CIMG1320
1個だけでなく、ペアや家族として飾っても良さそうですよね。ついでにきのこもいかがでしょう?


パンダが生まれたよ
CIMG1318
2017年の赤ちゃんパンダ誕生記念
にピッタリ!ディスプレイセットも付いています。


以上が左側の前から3番目の棚、上から2段目に並んでおりますが、店頭の『ハロウィン』イベントにも以下の作品がございます。

くろねこ-魔女の使い-
CIMG1316
季節を意識したコーデ
ブローチスパイスとしていかがでしょう? 帽子やカバンにもどうぞ♪


ぜひこれらをご覧にお越しくださいませ。


こんばんは!

まだ旅行は続いておりますが、本日はちょっと中休み的にお約束のインドネシアのトイレ事情について書きますね。ジョグジャカルタとボロブドゥール遺跡があるマゲランという地方都市の話になりますが、ハッキリ言ってトイレ事情は悪いです。私が泊まった宿は全て「トイレットペーパーは流さないで、ゴミ箱に入れてください」という英語の注意書きがありました。書いていなかったとしても、そこには「この水圧じゃあ、紙詰まりするでしょう?」という雰囲気が漂っていました。安宿だったからということもあるでしょうが、現地人ゼロのお高いレストランでも、トイレに行くと、「ゲッ」と思うことがありました。全体を通して宿のトイレが一番安心できました。なぜなら、宿では外国人のニーズに合わせてくれているからです。更に、インドネシアは紙で拭かずお水で洗い流す文化なので、外のトイレでは床が水浸し、時には便器がビショビショ。洋式トイレの中には、「ペーパーを敷いたとしても、お尻は置けない」と思える便座もありました。便座が割れていたり、便座のない洋式トイレもありました。今の若い人達の中には、和式トイレを使った経験がない人もいらっしゃるかもしれませんが、インドネシアに行く前に和式トイレのトレーニングをした方が良いかもしれません。旅の後半は、私は洋式と和式の選択肢があったら、迷わず和式を選んでいました。そして、旅の最終日に人生初の体験をしました。ANAの帰国便で、離陸前に機内トイレを使わせて頂きましたが、ドアを開けた瞬間「綺麗!」と感動してしまいました。新しい機体だったとは言え、機内トイレで感動したことは今までなかったです。


さて、本日はBuhi☆mama(ブヒママ)さんの作品をご紹介します。

おにぎり弁当
CIMG1312
久々にフェルトままごとの登場です。全て手縫いで仕上げていらっしゃいます。


オムライス弁当
CIMG1313
ちなみに、Buhi☆mamaさんのフェルトままごとは、ボンドやビーズが使用されていませんので、安心して遊ばせることができますよね。


パズル㉘
CIMG1310
パズルの1枚1枚が確認できる包装になっています。


パズル㉙
CIMG1308
お子さんと遊びながら生き物の名前を教えられますよ。


パズル⑭
CIMG1309
お孫さんと一緒に楽しくお勉強タイム♪


いも虫くん
CIMG1307
いも虫くん胴体は、マジックテープで繋がっています
CIMG1306
こちらでマジックテープをつけたり外したりしているうちに、一人でお着替えする力がついてきますよ。


マグネット
CIMG1311
これらは、大人が使っても良さそうですよね。


Buhi☆mamaさんの作品は、奥のテーブル、左側の最後尾にございます。
CIMG1304
お見逃しないように♪


こんばんは!

看板も矢印もないけど、現地の人達がたくさんいましたので、ヒジャブを被った女の子3人組に「すみません。タマン・サリのプールはどこですか?」と聞いてみました。そしたら、彼女達はちょっと話し合いをして、「連れて行きますよ」と言いました。女の子達は、スラバヤから来た大学生との事でした。親切な人達で助かったと思ったら、彼女達が来た道を戻っている感じだったので、「いいよ。道順を教えてくれたら、一人で行けるから」と言っても、「大丈夫」と言って立ち止まることなく進んでいきました。歩いていて気がつきましたが、行き方が結構複雑でした。途中で現地の男性が彼女達に道を聞いていて、「インドネシア人も道を尋ねないといけないんだぁ。良かったぁ、私だけじゃないのね」と思わず呟いたら、彼女達も笑っていました。結局、数分程でプールの入口に着いたので、そこで彼女達と別れました。ちなみに、このプールは、スルタン(王)に仕える女性達が水浴びをしたそうです。スルタンはその様子をプールの目の前にある塔の小窓から覗いて、気に入った女性に花を投げ入れて招き入れたそうです。その塔には、当時の寝室も残っています。そんなムフフな想像が膨らむ場所は、万国共通で人々の興味が集まるんじゃないですか? プールの周りには、今まで見かけなかった外国人観光客がいっぱいいました。でも、多数の外国人観光客は、プールと塔だけを見て終わっていました。モッタイナイ!その奥の方がもっと面白いのに。


さて、本日はエンジェルさんの作品をご紹介します。

ハロウィンかぼちゃん
CIMG1296
今回ご紹介するのは、全て『ハロウィン』イベント作品です。
CIMG1295
ちなみに、聞き慣れない名前に「初出店さん?」と思われた方、いらっしゃいませんか?


小物入れかぼちゃん
CIMG1294
実はホヌさん、今年でオープン10年目になるという事で、先日改名されました。


小物入れ長箱
CIMG1300
10年目を節目に気持ちを新たに頑張りたいという事で、エンジェルさんとなりました。


ハロウィーンふくろう付き飾り

CIMG1293
慣れ親しんだ名前をスパッと捨てる勇気も凄いですが、


ハロウィーン飾り
CIMG1292
そんなに長く出店を継続されたことも凄いですよね。


花飾りふくろう付き
CIMG1303
「雨垂れ石を穿つ」のことわざ通りになると良いですよね。


花飾りハートふくろう付き
CIMG1268
私もできる限り応援していきたいと思います。


ハロウィンくまちゃん
CIMG1301
ちなみに、ここからの3点の台座は田戸のおじさんが用意してくださったそうです。


ウッドかぼちゃふくろう
CIMG1290
上の台座は、流木炙られたそうです。そして、旦那様も加わり、一緒にタワシを使って墨を落としたとの事です。お疲れ様でした。m(_ _)m


ハロウィンくもさん
CIMG1299
エンジェルさん、家族の応援創作のアイディアもバッチリです。


ハロウィーン額
CIMG1291
エンジェルさん曰く、上は季節のインテリアとしてそのまま飾っても良いですが、ハロウィンパーティやコスチューム姿などの写真を入れて飾っても素敵との事です。


ところで、これらのイベント作品をお買い上げの方は、スロットマシーンに挑戦でき、同じ絵が揃った数によって異なる値引き券プレゼントされます。そして、嬉しいことに外れなしです!

但し、店頭のイベント作品安価に設定されているため、値引き券は使用できません! m(_ _)m エンジェルさんのお店からの(リサイクルも含めた)商品でしたら、ご使用できます。

その場所は、左の最初の棚、最下段です。

更に、そちらからご購入された方にも改名記念のプレゼントがございますよ♪


こんにちは!

お待たせしました!? 旅行記の復活です。(^▽^)足を踏み入れた廃墟は、タマン・サリの一部であることは看板から分かりました。帰国後、そこはPulo Kenanga(パラウ・クナンガ)という要塞の役割を持つ場所だと分かりました。ちなみに、Kenangaは花の名前で、Pulo Kenangaは花の島という意味だそうです。ここは現地の観光客しかいなく、皆がこぞって撮影していました。私も皆と交じって平家物語の冒頭をを思い起こさせるような情緒ある建物を撮影しました。更に、ここからジョグジャカルタの街並みが一望できて、正直なところ、ガイドブックでメインスポットとして紹介されるタマン・サリのプールより面白かったです。
CIMG0672
しかし、その時は観光のメインはプールだと思い、急いで向かおうとしましたが、右も左も分からない。看板も矢印もなく、そこはまるで迷路のようでした。


さて、本題です。本日は11時から伊藤聡さんの絵手紙イベント『脇道個展』が開催されています。
CIMG1283
今回のテーマは、食と雑貨です。
CIMG1284
これらの絵手紙の中には、既製品だけでなく伊藤さんが手作りした食と雑貨を描いたものもございますよ。
CIMG1281
伊藤さんが手作りしたものを描写している絵手紙はどれかをご本人に尋ねてみてください。きっと喜んで答えてくれますよ。
CIMG1285
本日17時頃まで街知の箱の店先にいらっしゃいますので、ぜひお立ち寄りください。


こんばんは!

今日は結人祭(きゅっとさい)で人通りが朝から多く、忙しかったので、本日は冒頭の旅行記を1日お休みして、早速本題に入ります。m(_ _)m


本日のブログの主役は、nico(ニコ)さんの作品です。

リボンヘアゴム
CIMG1273
初登場の作品です。小さい子がつけたら、可愛いでしょうね。


スタイ
CIMG1280
実はリバーシブルなので、1枚で2度オイシイ♪ 更に、2段階のスナップボタン首回りを調節できので、成長に合わせて長く使えます。
CIMG1271
両方、スナップボタンが前にあるので、赤ちゃんのお顔を見ながら、つけ外しができるタイプです。


ガーセマスク Kidsサイズ
CIMG1275
給食、花粉症対策、風邪予防などでマスクが必要ではありませんか?


ガーゼハンカチ ミニサイズ
CIMG1276
子供服の小さなポケットに入るサイズで、大人の女性にも使いやすいと好評です。


ガーゼハンカチミニ 角丸タイプ
CIMG1279
同じく子供服の小さなポケットに入るサイズで、表裏のないリバーシブルです。


ガーゼハンカチ
CIMG1276
もう少し大きい方が良いという人にも準備されていますよ♪
CIMG1278
ガーゼハンカチ ミニサイズとのサイズ違いは上の画像をご参考くださいませ。でも、実際にご覧になるのが一番ですよ♪


しかも、今月25日(月)はnicoの日なので、ぜひお越しください。なぜなら、これら全てがレジにて10%オフになります。
CIMG1266
更に、お買い上げされた先着1名様nicoさんからちょこっとプレゼントがございます。


なので、明後日はお得ですよ。
CIMG1270
場所は、左奥、姿見が横にある棚、下から2段目です。


最後にイベント予告です。
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
明日24日(日)11時から、伊藤聡さんの絵手紙イベント『脇道個展』が実施されます。

場所は弊店の店先で、今月は食と雑貨がテーマです。

商店街にお越しの際は、ぜひお寄りくださいませ。


こんばんは!

残念な観光地が続きましたが、その2ヶ所は前評判からそんなに期待はしていなかったので、がっかりはしていませんでした。(決して負け惜しみではございませんよ)でも、次は行きたかった場所、水の離宮、タマン・サリ♪ 王宮のスタッフさんから行き方を教えてもらい、徒歩で向かいました。私の記憶が確かなら、王宮の出口を左折、次を右折、そして左折してまた右折と言われました。最初の左折は簡単でしたが、次の右折は「ここで良いの?」と思える民家の路地裏。ちょうど店番をしていたおばちゃんがいたので、質問をしたら、おばちゃんはその路地裏を真っ直ぐ行くように指で示しました。そこを抜けると、今度は大通り。「本当に左折で良いの?」と思っていたら、ちょうどその方向から白人のカップルが歩いてきました。「すみません。タマン・サリ(Water Palace)から来ましたか?」と聞くと、「いや、王宮(Palace)から来た」と言われました。「私も王宮から来たけど、おかしいなぁ」と言いましたが、3人全員が観光客なので、何が正しいか分かりませんでした。彼らとさよならした後、「もしかして振り出しに戻った?」と不安を抱えながらも、彼らが「タマン・サリ」という言葉を知らなかったので、タマン・サリを王宮と勘違いしている可能性と王宮のスタッフさんの言葉を信じ、カップルが来た方向へ歩き出しました。そしたら、遊具が置いてある公園みたいな所に着き、なんとタマン・サリの写真に「Water Castle」の英語表記の矢印看板が地面に刺さっていました。ヾ(=^▽^=)ノ しかし、その矢印の方向へ歩くと、洗濯物が干してあるような住宅地に入りました。「一体どこで最後の右折をするの?」と新たな疑問がわいてきましたが、たまたま外にいた住民に道を尋ねたり、たまに現れる不親切な矢印看板を見つけては歩いて行くと、入口っぽい石の階段が現れました。そこを上がると、廃墟と化した跡地がありました。
CIMG0663


さて、本日はHappy Dream☆さんの作品をご紹介します。

お花の小物入れ
CIMG1262
ちょっと雰囲気がある小物入れですよね。


マリンストラップ(赤)
CIMG1263
今回Happy Dream☆さん、レジンを多用されています。


マリンストラップ(青)
CIMG1264
ワンコインでお釣りが出てしまいます。


これらは、奥のテーブル左側、前から2区画目にございます。
CIMG1261
ぜひご覧ください。


こんばんは!

気を取り直して、先ずはMalioboro(マリオボロ)通りのブリンハルジョ市場に行ってみました。食べ物の屋台などは活気はありましたが、まだお腹がいっぱいだったので、スルー。朝9時頃だったので、半分位のお店はまだゆったりと開店準備中という感じでした。「なにか良いサンダルはないかな?」と思い、物色しましたが、イマイチピンと来ない。服もバティックが多い。「早く来すぎたかな?」と思い、10分か15分位で市場を去り、王宮に行くためMalioboro通りを南下しました。10分位まっすぐ歩くと、大きな空地のような広場があり、その奥の正面に王宮が見えました。(※広場を過ぎたところで、王宮を正面から撮影しました)
CIMG0647
広場を背にして右へ人が歩いていたので、同じ方向へ行くと、王宮のチケット売り場がありました。ところで、チケットを買う前に、トイレに行ったら、「メインの観光地でこんなトイレなの?」という和式トイレ、横には水が溜まったタイル張りの水槽と手桶。紙なしトイレは、10年以上前にタイ東北部を旅した以来の遭遇でした。後日、今回の旅で感じた全般的なトイレ事情を書きますが、なかなかパンチが効いていましたよ。ともかく入場料7,000ルピア、カメラ持込料2,000ルピア、合計9,000ルピアを支払いましたが、「地球の歩き方で調べた金額より安い」と不思議に思いました。すると、民族衣装を着たスタッフの男性が、チケット代にガイド料も含まれていると言いましたが、時間がなかった上、後からチップなどを催促されると面倒くさいので、丁重にお断りをして、一人でブラブラしました。しかし、予想外にコンパクトな王宮で「え、これだけ?」という感じで見学はあっという間に終わりました。日替わりで伝統芸能が上演されているはずですが、何か起こりそうな感じが全くなかったので、次へ向かいました。ところで、帰国後にネットで知りましたが、王宮には北口と南口があって、メインは南口で伝統芸能も王宮の南側で上演しているそうです。地球の歩き方に載っていた金額も、南口での入場料とカメラ持込料ということでした。残念!(T_T)北側の王宮はハイライト的な見どころがないので、王宮に行く予定の方は南側をオススメします。


さて、本日はKaelulu(カエルル)さんの作品をご紹介します。

着物地 白に赤小花 ブラウス 5分ソデ
CIMG1253
反物
から作られました。サイズは13号位で、両サイドの裾にスリットが入っています。ネットに入れて洗濯機で洗えます。


着物地 ベージュに紺と赤柄 ソデタック ブラウス
CIMG1254
着物を解いて作られました。両袖のタック可愛いボタンが付いています。サイズは11号、お洗濯にはネット・おしゃれ着洗剤をご使用ください。


ストレッチ布 グレーストライプ ゴム ワイドパンツ
CIMG1252
サラリとした肌触りの生地
で作られました。フリーサイズで、お洗濯の際はネットをご使用ください。


ガーゼ地ワンピース サイズM~L ゆったりサイズ
CIMG1251
ダブルガーゼゆったりとしたワンピースを作られました。お洗濯にはネットをご使用ください。


Kaeluluさんのお洋服は、レジ前のハンガーラックに掛かっております。
CIMG1255
ぜひお手にとってご覧ください。


こんばんは!

朝食後、すぐに観光に行きました。前夜、宿の女性から宿からメインの観光地まで歩いて30分程だけど、トランスジョグジャでも行けると言われていました。すっかり陽が燦々と降り注いでいたので、冷房の効いた車内なら快適と思い、トランスジョグジャでの行き方を教えてもらい、出かけました。停留所のスタッフさんにMalioboro(マリオボロ)通りに行きたいことを伝えると、1回乗り換えが必要との事でした。すぐにトランスジョグジャが来たので、車内のスタッフさんにも行きたい場所を伝え、降ろしてくれるようお願いしました。しかし、30分以上乗っていても、スタッフさんは何も言いませんでした。Malioboro通りはジョグジャカルタの目抜き通りですが、中心街とは程遠いエリアを走っていて、だんだんと不安になっていきました。堪らず隣に座っていた現地の女性に助けを求めました。彼女はスタッフさんに聞いてくれましたが、待つように言われました。いつまで待って良いのか分からず落ち着かない中、やっと乗り換えする停留所に着きました。そこからすぐに乗り換えることができましたが、結果として、Malioboro通りまで1時間近く乗車していました。確かにトランスジョグジャで行けましたが、こんなに時間がかかるとは思っていませんでした。出かける前に、「今から3か所を観光して12時までに帰って来れるかな?」と質問して、「きっと問題ないはずよ」って言ってたけど、嘘でしょう!? 朝4時に起きて、既に9時近いのにまだ観光がスタートできていない!(((( ;゚д゚)))トランスジョグジャが徒歩より早いだろうと思い込んでいた私も悪いですが、一言あっても良いんじゃないかな? それともトランスジョグジャの実情を知っていなかったの!? 次からは道を尋ねる際は、誰に対してもどんな交通手段でも絶対に何分かかるかを聞こうと心に誓いました。


さて、本日はChaCha(チャチャ)さんの作品をご紹介します。

ちびクマヘアゴム
CIMG1240
同じデザインが2つあるので、ツインテールに使ったり、1個を失くした際の予備としてもキープできますよ。


ちびウサギヘアゴム
CIMG1241
よく見るとリボンの色や柄だけでなく、位置も違いますよね。


トラmagnet
CIMG1238
どちらの色がお好みですか? ぜひ実物にて比べてみてください。


ペンギンmagnet
CIMG1237
薄い色も濃い色も欲しい
という方は、単品売りは嬉しいですよね♪


カメmagnet
CIMG1236
バラ売りだと集めやすいですよね


カメマグネット
CIMG1235
でも、好きな色があるなら、マグネットの方がちょっとだけ経済的です。


パンダマグネットパンダmagnet
CIMG1230
どちらが良いか、じっくりとお選びください。


ヒヨコマグネット
CIMG1234
でも、どちらを選んでも心にも財布にも優しいですよ。


かえる小物入れ
CIMG1247
プラスチックのカップ
に合わせて編まれています。
CIMG1243
なので、型崩れすることはありません。ところで、横から見ると、カップケーキみたいですね。


ここまでは、中央テーブルにございます。
CIMG1242
そして、ChaCha(チャチャ)さん、今日から始まったハロウィン』イベントに参加されていますので、店頭にも作品がございます。


カボチャ小物入れ
CIMG1229
先程のかえる小物入れと同じ様に、プラスチックのカップが使用されているので、中にお菓子を入れてプレゼントにいかがでしょう?


『ハロウィン』イベントは、ハロウィン当日(10月31日)まで開催しておりますので、ぜひお越しください。但し、早い者勝ちになりますよ。


このページのトップヘ