街知の箱(まちのはこ)

山口の商店街にあるレンタルスペース♪ 営業日は毎日、個性光るハンドメイドやイベント等をお伝えします。


♥にほんブログ村に参加中です。ポチっとクリックされると、ブログ作成の励みになります。♥ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ

2017/10

こんばんは!

今夜、旅行記はお休みです。期待されていた方、申し訳ございません。m(_ _)m


さて、本日はChaCha(チャチャ)さんの作品をご紹介します。

ニワトリマグネット
CIMG1685
酉年生まれの方、いかがでしょう?


ニワトリmagnet
CIMG1692
単体売りもございますよ♪


初登場うさぎマグネット
CIMG1684
卯年生まれさん、いかがでしょうか?


うさぎmagnet
CIMG1688
単品売りは、違う色もございますよ。


ネコマグネット
CIMG1686
猫年生まれさんはいませんが、猫好きさんはいらっしゃいますよね。


ネコmagnet
CIMG1691
色々な種類を集めたい方には、単品売りは嬉しいですよね。


カエルmagnet
CIMG1687
薄い色濃い色も欲しいという方にも、集めやすいですよね。


クママグネット
CIMG1683
でも、お気に入りが決まっているなら、マグネットの方がちょっとだけお得です。


たぬきマグネット
CIMG1596
こちらも初登場です。ChaCha(チャチャ)さん、色々と編めて凄いですよね。


更に、帽子&鈴付
CIMG1696
ストラップ好き
さん、お待たせ致しました!


ハート&リボン付
CIMG1693
なんと1個100円(税込)です。会の景品ばらまきプレゼントにどうぞ♪


最後は、飛行機
CIMG1682
ビーズやボンド
が使用されていないので、小さい子に安心してプレゼントできますよ。


これらは、中央テーブルにございます。ぜひご覧ください。


こんばんは!

スタッフさんと一緒に博物館の外に出たら、白人家族のお父さんらしき人がスタッフさんに「この船のプロジェクトはいつでしたか?」と質問しました。スタッフさんは船の説明をしましたが、肝心の質問には答えていませんでした。「サンキュー。で、この船のプロジェクトは何年からでしたか?」と英語のネイティブスピーカーらしき男性は、丁寧に言葉を言い換えて質問をし直しました。それでも、スタッフさんはボロブドゥールなどの説明をしました。白人男性がもう一度問い直そうとした瞬間、思わず「2003」と横から答えてしまいました。

突然の第三者からの答えに男性はビックリした様子でしたが、お母さんらしき人が私に「2003、2003年なのね?」と確認の質問をしました。「その通りですよ」と彼女に言い、スタッフさんにお礼を言い、その場を去りました。私はスタッフさんに館内で説明をしてくれたお礼を言いたかっただけなので、早く噛み合わない話のけりをつけたいという衝動に負けてしまいました。

ずっとまとまらない二人のやり取りを見守っていて、白人男性の辛抱強さと礼儀正しさに感心しました。同時に、「スタッフさん、英語を全部分かっていた訳じゃなかったんだぁ」と気がつきました。実は、説明の間、急に話している言葉が分からなくなったことがあったので、「私の英語力が落ちたのかな?」「インドネシア人が話す英語に慣れていないからかな?」と思っていましたが、そうじゃなかったようでした。でも、彼だけじゃなく、結構インドネシアでは、自信を持って英語を(間違っていても)話している人が多かった気がしました。おおらかな国民性だからでしょうか? 「どうしてあんなに堂々としていられるのか?」と思うと同時に、「自信って大事だなぁ」とつくづく思いました。


では、本日はnico(ニコ)さんの作品をご紹介します。

なぜなら明日お買い上げの先着2名様に、nicoさんからプレゼントがあるからです。
CIMG1628
ちなみに、プレゼントは下の通りです。
CIMG1629
早い者勝ちで選べますよ。もちろん、プレゼントだけでなく、新作もご用意されていますよ♪


ガーゼハンカチ ミニ角丸タイプ
CIMG1676
こちらは1枚で2度オイシイ、リバーシブルです。


ガーゼハンカチ ミニサイズ
CIMG1678
ミニ角丸タイプより少し大きいですが、子供服の小さなポケット無理なく入ります。


ガーゼハンカチ
CIMG1673
nicoさんのガーゼハンカチの中で一番大きいサイズです。

CIMG1680
3種類のガーゼハンカチサイズの違いは、上の通りです。でも、実際にご覧になるのが一番ですよ。


ガーゼマスク Kidsサイズ
CIMG1666
風邪、花粉、給食当番新しいマスクが必要じゃないですか?


そして、スタイ
CIMG1672
実はリバーシブルです。
CIMG1668
汚れやすいけど、赤ちゃんのために清潔にしたいスタイ何枚あっても嬉しいもの♪
CIMG1667
出産祝いにオススメです。


これらは、左奥、姿見が横にある棚の下から2段目に並んでおります。
CIMG1681
特に明日はお見逃しないように!


こんばんは!

実は、その博物館のど真ん中に、ボロブドゥールの壁に彫られた船を基に伝統的な工法を使って復元された木造船がドーンと飾られていました。ちなみに、この博物館の名前(サムドラ・ラクサ船博物館)は、下の船の名前から来ています。
CIMG0790 (640x480)
最初は、ただの飾り物かと思いましたが、男性スタッフによると、この船は2003年から2004年の約5ヶ月間、「シナモン・ルート」の航路で実際に帆走したそうです。なので、その冒険に関する展示もあり、興味深かったです。船の再現と航海を発案した人は、現地人かと思いきや、船のレリーフを見たイギリスの元軍人だったということには驚きました。途中で交代する船員さんも含めて、インドネシア人と欧米人のチームが航行したそうです。日本人の船員さんはいませんでしたが、女性の船員さんはいました。昔の船とは違い、GPSや衛星電話や救命装置などが持ち込まれていたそうですが、エンジンなどの動力は全く使用しなかったとの事です。最終的にアフリカのガーナに着いたそうですが、なかなか厳しい旅だったことが容易に想像できました。まさに男のロマンですよね。でも、私はゴメンです。m(_ _)m


さて、本日は伊藤聡さんの絵手紙イベント『脇道個展』が実施されました。
CIMG1662
今回のテーマは紅葉でした。
CIMG1657
昨年訪れた山口市の両足寺の風景との事です。
CIMG1661
紅葉の名所伊藤さんから教えて頂きました。
CIMG1658
実は私、そんな名所があるとは知りませんでした。
CIMG1660
これからの季節が楽しみになる絵手紙ですよね。
CIMG1663
本日も17時まで店先で頑張って頂きました。お疲れ様でした。

伊藤さん、来月も26日(日)『脇道個展』を実施されますので、今日の機会を逃してしまった方もぜひ11月の最終日曜日にお越しくださいませ。


こんばんは!

ボロブドゥール遺跡から出口に向かって歩いていると、無料で入れる小さな博物館が2つありました。両方とも意外に面白かったので、お時間がある方はどうぞ♪ 1つは発掘と修復に関する展示で、2010年のムラピ山噴火で遺跡に積もった灰の清掃作業の写真などがありました。展示物は一見お粗末に見えましたが、この博物館の女性スタッフのおかげで楽しめました。彼女は、「ああ、私の英語が下手でごめんなさい」と何度も言いながら一生懸命に言葉を探しながら説明をしてくれました。彼女のおかげで、石に作った穴や突起を使って多数の石をパズルのように組み合わせてボロブドゥールが建設されたということを知りました。時間はあったので、じっくりと彼女の話を聞きました。何より彼女の伝えようとする心が嬉しかったです。

その隣にあるもう1つの博物館には、ボロブドゥールが建てられた8世紀頃に栄えたインド洋上の海洋貿易に関する展示がありました。古代インドネシアは、「シナモン・ルート」と呼ばれる香辛料の海上交易ルートでインドや遠くアフリカまで繋がっていたそうです。事実、ボロブドゥール遺跡には、交易船と思しきレリーフがありました。※この船のレリーフが後の説明で重要になりますよ。(⌒∇⌒)
CIMG0771 (640x480)
そして、この海のシルクロードのおかげで、交易のあった様々な地域でインドネシアの文化や言語の影響が見られるという展示が面白かったです。実は、ここの展示が面白かったのは、男性スタッフさんの説明によるところが大きかったです。入館後、いつの間にか受付からわざわざ側に来て、色々と説明してくれました。(続く)


さて、本日はMay(メイ)工房さんの作品をご紹介します。

マフラー(段染ブルー)
CIMG1653
結構長いので、まきまき★ぬくぬくを楽しめますよ。
CIMG1656
マザーマーベルさんの古着に合わせました。


ストール&ショール
CIMG1655
無造作に羽織るだけで一気に華やかスタイルになりますよ♪


May工房さんの手編み作品は、レジ前のハンガーラックにございます。

ぜひご覧ください。


最後にお知らせです。
゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
明日29日(日)11時から、伊藤聡さんの絵手紙イベント『脇道個展』が実施されます。

場所は弊店の店先で、今月は紅葉がテーマです。

もしよかったら、お越しくださいませ。


こんばんは!

ボロブドゥール遺跡の頂上を満喫した後は、回廊を順番にぐるぐると回って降りることにしました。回廊を歩いていると、色々なガイドさんの説明が耳に入りました。ここだけの話、思わず拍手を送りたくなる程、説明が達者な方もいれば、「運が悪かったね」と雇い主を慰めたくなるような方もいらっしゃいました。しかし、回廊のレリーフの基になる物語を知らなくても見入ってしまうほど、様々な感情が表現されていて、彫りも繊細で美しかったです。
CIMG0758a
最初は飽きることなくレリーフや仏像を眺めていましたが、階下に行くほど、歩く距離が増え、内側の遺跡だけを見ていると1周きちんと回ったかどうかが分からなくなりました。途中から外の景色の中から木や人工物などを目印にしてから、回廊を歩くことにしました。もしかしたら余計に歩いたかもしれませんが、ボロブドゥール遺跡は全体で9層あるため、全部を見終ったときはもう足が棒になっていました。


さて、本日はきさらさんの作品をご紹介します。


CIMG1635
表面はレジンを使って仕上げていらっしゃいます。


カードケース
CIMG1634
畳の縁を使ってカバーを作られました。


きんちゃく袋(フクロウ)
CIMG1643
よく見るとフクロウの色や紐の色が違います。
CIMG1641
手の力が弱い方でも両手で紐を引っ張って、ギュッと口を絞れるので、楽ちんですよ。


ふくろう(ストラップ)
CIMG1632
ふくろう好きな人への贈り物としていかがでしょう?


ふくろう(ブローチ)
CIMG1633
後ろにピンが付いています。ちなみに、次のようにして使っても良いですよね。


ふくろう(ブローチ)バック
CIMG1647
バック
は、マチがたっぷりで、内ポケットも付いています。


フクロウ(箱)
CIMG1250
縁起物
としても秋のインテリアとしてもどうぞ♪


ここまでは、左の前から3番目の棚、下から2段目にございます。
CIMG1644
更に、レジ前のハンガーラック1点きさらさんの作品がございます。


ブラウス
CIMG1648
サイズはMで、ネットに入れてお洗濯できますよ。

ぜひ両方の場所をお見逃しないように♪


こんばんは!

ボロブドゥール遺跡に着いたら、一気に頂上までの階段を上がりました。頂上にはサンライズツアーの参加者と思われる外国人観光客が多くたむろしていました。なので、人気の撮影スポットで人が写らないように撮影することは困難を極めました。それでも、頂上からの景色は絶景でした。朝日に照らされた点在するストゥーパ(仏塔)。仏像のシルエット。周囲を見渡すと、のどかな田園風景と雄大な山々。そして、どこまでも広がる空。下から見た巨大な階段状のピラミッド寺院も圧巻でしたが、頂上は「何千年もの昔に、なぜこんな荘厳な仏教寺院がジャングルの中に建てられたのかな?」「どうやってこんなにたくさんの石を積み重ねることができたのかな?」「こんな良い状態で残ってくれていて、ありがとう!」と自然に思わせる光景でした。しかし、後から敷地内にある博物館のスタッフさんから言われました。正式には下から順番に各段を1周して自身の罪を綺麗に落としてから頂上に行くそうです。(T_T)知りませんでした。身を清めずに煩悩だらけで頂上を訪ねてしまい、ごめんなさい。しかも、そこから一段一段と回廊を巡っていったので、更に欲深くなって地上に降りたかもしれません。(; ̄Д ̄)


さて、本日はhand made MARBLE(ハンド メイド マーブル)さんの作品をご紹介します。

ティッシュケース
CIMG1620
両方に蓋とポケットが付いています。


ティッシュBoxケース
CIMG1622
マジックテープで袋部分を開け閉め
します。持ち手には、スナップボタンが1つ付いています。


丸底トート
CIMG1619
丸底なので、見かけによらずたっぷり入りますよ。


ボストンバッグ
CIMG1617
こちらは秋のお出かけにいかがでしょう?
CIMG1616
内ポケットだけでなく、背面にもファスナーポケットがございますよ。


大ポーチ
CIMG1615
荷物を小分けにする際に、大きなポーチが必要な方、いらっしゃいませんか?
CIMG1614
おむつが入るポーチが欲しい方、いらっしゃいませんか?
CIMG1613
これら全てに裏地と内ポケットが付いています。


バラネコバッグ
CIMG1362
画像では分かりにくいですが、触ると厚みがあってフワフワしていますよ。


和帽子
CIMG1625
画像より実物はもっと黒っぽいです。三角巾の代わりにいかがでしょう?


アームカバー
CIMG1598
今から重宝しますよね。しかし、現在この1点しかございませんので、購入は早い者勝ちですよ。


最後は、ハーフリネンチュニック
CIMG1624
サイズはMで、ネットに入れてお洗濯できますよ。


hand made MARBLEさんの作品をぜひご覧ください。


こんばんは!

昨日のブログ冒頭で誤解された方もいらっしゃるかもしれないので、改めて説明させてください。海外ではきちんと整列して並ばない所が多くて、ボロブドゥールも例外ではありませんでした。なんとなく団子状態で開園を待っているという感じだったので、横入りをして行列の先頭に並んだ訳ではないですよ。ともかく入園が許されて、皆がマイペースで歩いていました。私は速足で歩き、先頭グループの中にいました。そして、外国人専用のチケット売場に到着しました。しかし、入口付近まで人が並んでいてビックリしました。「あれ、さっきの場所にそんなに人がいたかな?」と思っていたら、現地のガイドさんぽい人を連れていた外国人もいたので、「ツアーで来た人達が先に着いたのかな?」と勝手に自分を納得させました。

待っていたらすぐに私の番が来たので、ボロブドゥールとプランバナン共通券を頼みました。40USドルをルピアで払ったら、一気にお札の枚数が減りました。ちなみに、この時私が支払った金額は、520,000ルピアでした。高いけど、払うしかありません。チケットをゲットしたら、現地スタッフさん達がサービスの飲み物をしきりと勧めていました。釈然としない高い外国人料金の埋め合わせのつもりでしょうか? お言葉に甘えて冷蔵庫からペットボトルのお水を1本バッグの中に入れ、カップの半分ほどにコーヒーを注いで、急いで飲みました。外のテーブルに座って優雅に飲んでいる外国人もいましたが、私は早く朝日を遺跡から拝みたい。熱いコーヒーを一気飲みした後は、金属探知機を通り抜け、遺跡まで早歩きで向かいました。※ボロブドゥールと書いてある下の撮影スポットから約10分奥へ進むとメインの遺跡が見えました。
CIMG0720a


さて、本日はIさんのエコタワシをご紹介します。
CIMG1599
今回ご紹介するのは、全てドレス型のエコタワシです。
CIMG1605
色々なアクリル毛糸を使って編んでいらっしゃいます。
CIMG1609
ドレスのスカートから手を入れて使うことができますよ。
CIMG1606
皿洗いや拭き掃除にいかがですか?
CIMG1604
ドレス縞模様だけじゃないですよ。
CIMG1602
吊るしているだけでも心がウキウキしそうですよね。
CIMG1601
嫌いな家事も、ふと手元を見るだけで、きっとこの可愛さに癒されますよ。
CIMG1607
汚れが目立たない色が良いか、好きな色が良いかで迷いそうですよね。


Iさんのエコタワシは、店頭のワイヤーラックの上段にございます。
CIMG1608
ぜひじっくりとご覧ください。


こんばんは!

ホームステイの横がモスクだったので、インドネシア2度目の朝も4時半頃のイスラム教徒のお祈りで目が覚めました。おかげで余裕を持ってボロブドゥール遺跡へ向うことができました。昼間と違って遺跡までの道路には車が走っていなく、たまにオートバイが走り去る感じでした。途中、とても美しい朝焼けに気がつき、思わず足を止めました。
CIMG0719 (640x358)
奥に見える富士山みたいな山がムラピ山です。日本人には「ジャワ富士」と呼ばれているそうです。朝は空気が綺麗で、涼しくて、気持ち良かったです。「朝からいいものを見た」とウキウキした気分で歩いていると、開園5分前に公園入口に到着しました。入口近くで思った「早かったかな?」という予想に反して既に10~20人位の外国人が待っていました。そしたら、6時より少し早めにオープンしてくれました。周りはゆっくりと歩いていましたが、せっかちな日本人としては塔まで走りたい。でも、がっついているようで恥ずかしい。なので、早歩きでグループの先頭近くに位置しました。(続く)


さて、本日はkonekone(コネコネ)さんの作品をご紹介します。

LittleWankoのスタンド
CIMG1508
ハロウィンが終わる前に、クリスマスが来る前に、konekoneさん、来年の干支オーブン粘土で作られました。
CIMG1595
早いようですが、お正月まで後2ヶ月とちょっとです。
CIMG1593
ちなみに、来年の干支は戌ということをご存知でしたか? そのうち話題に上ったら、自信を持って話せますよね。
CIMG1594
干支の置き物としてだけでなく、大切な方から届いた年賀状も一緒に飾れますよ。


更に、干支(戌)
CIMG1588
小さなスペースにも対応できますよ♪
CIMG1589
一つ一つお顔が違うので、迷いますよね。
CIMG1590
しかし、それぞれ大人買いができるお値段ですよ。
CIMG1591
玄関に、リビングに、トイレにと各部屋に置いても良さそうですよね。


これらは、左奥、姿見が横にある棚の最上段に並んでおります。
CIMG1597
ぜひご覧ください。


こんばんは!

昨日の復習です。(^▽^)マノハラホテルに宿泊しなかった理由として①宿泊料が高い、②遺跡見学は1度で充分の2つを書きました。そして、3つ目かつ最大の理由がこれです。③サンライズツアーに参加しなくても朝日が見れそうと判断。これが決定打になりました。マノハラホテルに泊まるメリットの1つは、サンライズツアーの割引です。しかし、ボロブドゥールは6時から入場できます。昨年の8月のボロブドゥールの日の出時刻を調べてみたら、大体5時50分頃でした。これなら、通常チケットで6時に入園して塔の上に到達した後でも朝日を充分満喫できると見込みました。そしたら、予想は運良く当たりました。その証拠がこちら♪
CIMG0738b
この画像を撮影した時間は6時16分でした。夜明けの瞬間は見られませんでしたが、真っ暗で寒い中、1時間以上石塔の上で待つことを考えると、この朝の神秘的な光景で充分大満足でした。しかも、この決断のおかげでボロブドゥールとプランバナン共通券(40USドル)を買うことができ、別々に買うより10USドルも節約することができました。その上、バケーション中に少しでも長く寝れたことはストレスにもならず、体調管理においても有効でした。この方法は、訪問時期の日の出時刻によるかと思いますが、ご参考になりましたら幸いです。どのサイトで日の出時刻を調べたかは覚えていませんが、以下の英語サイトなどをご利用されると良いかと存じます。
https://www.timeanddate.com/sun/@1648142
ボロブドゥールをロケーションに選んでいますが、今月の日の出時刻が自動表示されるはずです。サイト下方に位置する月間カレンダーの右上にあるドロップダウンリストを使って、ご自身の渡航時期に合わせて月・年を選んでみてください。


さて、本日は花かごさんが『ハロウィン』イベントに追加された作品をご紹介します。

ハロウィンフレーム
CIMG1583
ハロウィンが近づいてきましたが、まだ1週間以上ありますよね。


ハロウィンフレームアレンジ
CIMG1449
今からお家をハロウィン仕様にしたい方、街知の箱までお越しください♪


ハロウィンミニアレンジ
CIMG1585
大至急に飾り付けが必要な方でも大丈夫です。


ハロウィンいすのアレンジ
CIMG1511
しかも、人と被りたくないという要望も満たせる1点物が多いですよ!


ハロウィンリース(リース台付き)
CIMG1586
吊り下げるだけでなく、置くこともできるリースもございますよ。
CIMG1587
嬉しいことに、花かごさん、お手頃価格に設定されています。作る時間や手間を考えたら、買った方がお得ですよ。


ハロウィンカップアレンジ
CIMG1581
楽しいパーティの演出としても使っても良いですし、
CIMG1582
お家の秋の演出に使っても良いですよね。


これらのイベント作品は、店頭ハロウィン当日(10月31日)までございますよ。

ぜひお立ち寄りください。


こんにちは!

次の日は、念願のボロブドゥール遺跡を見学しますが、その前に私がどんな風にボロブドゥール遺跡観光の計画を立てたかを述べたいと思います。米国のニュース専門チャンネルCNNが2012年に「27 places to see before you die(死ぬまでに見たい27の絶景)」で夜明けのボロブドゥール遺跡を1位に選んで以来、ボロブドゥールと言えばサンライズツアーが人気です。そのツアーを一手に引き受けているのが遺跡公園内に建っているマノハラホテルです。ホテルの公式サイトによると、宿泊していない外国人のツアー参加料金が45万ルピア(約3,800円)、宿泊者は27万5千ルピア(約2,300円)です。朝4時半頃にホテルのロビーに集合、ガイドなしで出発し、開園していない遺跡の上でご来光を迎え、その後、朝食とちょっとしたお土産がついてくるという内容ですが、どちらも結構なお値段です。

ボロブドゥール遺跡などを管理運営しているTWCの公式サイトによると、開園時間の入場料が25USドル、現為替レートで33万7千5百ルピアです。しかし、マノハラホテルに宿泊すると、開園時間内は無料で何度でも遺跡へ入場できます。そのため、マノハラホテルは人気です。ネット上では、マノハラ宿泊を薦める人が多いです。しかし、ご存知の通り、私はマノハラには宿泊しませんでした。予約が取れなかった訳ではなく、3つ理由があったからです。①宿泊料が高い。調べたら1泊朝食付きで200万ルピアでした。値段の割には部屋はイマイチという声もチラホラ。相方がいるなら100万ルピアで入場料付ですが、私が泊まったホームステイは、相方がいなくても入場料なしで1泊が12万5千ルピア。約8分の1の料金で泊まれ、美味しい朝食が付きました。もちろん立地や設備はマノハラの方が格段上だと思います。②遺跡見学は1度で充分。今までの経験上、遺跡をそう何度も見に行かないだろうと思いました。しかも、バリ島からボロブドゥールへの日帰りツアーが組まれている事実から、そんな広大な遺跡じゃないことは予想ができました。実際2~3時間の観光で充分でした。③は、また明日♪


さて、本日はCamelia(キャメリア)さんの作品をご紹介します。

イヤリング
CIMG1573
ツイッターで告知したので、ご存知の方も多いかと存じますが、Cameliaさん10月31日(火)に退店されます。
CIMG1575
3ヶ月未満という短い期間での出店でした。(T_T)


ピアス
CIMG1576
旧ブログに初登場の1回、新ブログに今回最後の登場だけなので、作品がパッと浮かばない方もいらっしゃるかと存じます。
CIMG1569
レジンやパーツを使ってアクセサリーやストラップなどを創作されていました。
CIMG1568
可愛らしい作品が多いですよ。画像だと詳細が分かりにくい作品もあるので、ぜひお越しください。


ネックレス
CIMG1566
そして、最後に一度だけでもご覧頂けないでしょうか?


ペンダント
CIMG1579
気になっていた方は、これが最後のチャンスです。
CIMG1578
ぜひご購入をご検討ください。


レジンストラップ
CIMG1571
「一緒に連れて帰って」と目で訴えていませんか?


レジンストラップレジンストラップチャーム
CIMG1572
ちょっとしたプレゼントにも最適ですよ。


レジンストラップチャーム
CIMG1570
動物好きさんに渡すと、喜ばれそうですよね。


Cameliaさんの作品は、店頭のワイヤーラックの中段にございます。
CIMG1565
お見逃しないように♪


このページのトップヘ