こんにちは!

ハンドメイド作家さんの中で「私は作りたいものだけ作る」という考えの方がいらっしゃいます。否定はしません。私が関わったことがある作家さんの多くは、そういう考えをお持ちです。いわゆるアーティスト活動ですよね。ここは、安価に自分の作品を展示できる場所です。ネットでも作品が紹介されます。いつか日の目を見る日がくるかもしれません。

しかし、ゴッホのように死んでから作品が認められる可能性もあります。まだゴッホは有名になりましたが、無名のままに終わる人はたくさんいます。有名にならなくていいから、すぐに自分の創作の対価が欲しいなら、心のベクトルはお客様へ向かわないとダメです。

男女関係に例えれば、稀に何もしなくても天からモテる才能を授かった人がいますが、ほとんどの人が意中の相手に気に入ってもらうため、見た目をよくしたり、言葉を選んだり、事前に好きな物や苦手な物をリサーチします。自分の好きなことだけをして、相手のことを考えない人はモテません。作品も同じことです。結局、使う人のことを考えていないハンドメイドは、なかなか売れません。売れてもリピートされません。


さて、本日はウサギさんの作品をご紹介します。

ポーチ
3Usagi2
バラのパッチワークが施されています。手縫い丁寧に仕上げていらっしゃいます。
3Usagi5
反対側にはバラのステッチがございます。


手さげ
3Usagi3
こちらにもバラのパッチワークがございます。ちなみに、中は先程のポーチ同じ果物柄の裏地が使われていて、内ポケットもございます。
3Usagi4
反対側はガラっと印象が違うので、二通り楽しめますよ♪ 


ウサギさんの作品は、右側の前から4番目の棚、もしくはギャラリースペース手前の棚の下から2段目にございます。
3Usagi
もしよかったら、ご覧くださいませ。