街知の箱(まちのはこ)

山口の商店街にあるレンタルスペース♪ 営業日は毎日、個性光るハンドメイドやイベント等をお伝えします。


♥にほんブログ村に参加中です。ポチっとクリックされると、ブログ作成の励みになります。♥ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口(市)情報へ

タグ:ピサの斜塔

こんにちは!

ピサの斜塔を実際に上ってみたら、想像以上に傾いていました。らせん状の階段を上って行くと、塔の中心の方に自然に体が引っ張られたり、反対側の外壁側に体が引き寄せられたりしました。つまり、塔が傾いている方向に体が傾いてしまいました。なので、両腕を横に広げて両壁に手をつきながら、ふらふらする体を支えながら上りました。まるでビックリハウスの中を歩いているみたいでした。でも、フィレンツェのクーポラやジョットの鐘楼の階段に比べて段数が少ないので、比較的に楽でした。実は、ローマで「ピサの斜塔に上る必要はない。上から見ても青い芝生と赤い屋根だけだから」と言われました。確かに18ユーロという割と高額な入場料なので、見るだけにする人もいると思います。しかし、ピサの斜塔は見るだけではモッタイナイです。あの階段を上ることで実際の傾きが体感できるので、ぜひ一度は上ってみてください。ただ、大理石の階段は、かなりすり減っていてツルツルしていたので、ヒールの高い靴は危ないと思います。そして、平衡感覚を失いやすいので、乗り物酔いしやすい方は、ちょっと厳しいかもしれません。あと高所恐怖症の方、頂上は結構怖いですよ。


さて、本日はウサギさんのポーチ小をご紹介します。
ポーチ小
布をはさみで丸くくり抜いて、アップリケのようにされました。
ポーチ小
この作品が最初に登場した際、製作時の苦労話を伺っていたので、もう入荷はないかと思っていました。
ポーチ小
しかし、この度可愛いアップリケが両面に施されているポーチ3点も入りました。


これらはウサギさんのお店にございます。
ウサギさんのお店
場所は、右側の前から4番目の棚(ギャラリースペース手前の棚)、下から2段目です。

ぜひご覧ください。


最後にお知らせです。
Mou Lainier(ムーレニエ)さんのお店
タティングレースのアクセサリーを置いていたMou Lainier(ムーレニエ)さん、4月8日(土)に撤収されます。

弊店や彼女のツイッターをご覧の方はご存知でしょうが、おめでたい理由での退店です。

購入を迷っていた方、これが最後のチャンスになるかもしれませんよ。お見逃しないように。


こんにちは!

ピサセントラル駅には10分位遅れて到着し、ピサの斜塔の予約時間まで1時間ちょっとある感じでした。駅前にはまだバスが到着していなかったので、そのままピサの斜塔まで歩いていくことにしました。さすがに元日の朝、もの凄く静かでした。駅を背にして真っ直ぐ歩いてくと、アメリカの近代アーティストのキース・へリングが最後に描いた壁画が左に見えてきました。「あれ、この道で合っている?」と思い、たまたま歩いてきたがっちりした木こり風の男性に道を尋ねたら、見かけに反してなんだかマゴマゴしていました。「まさかこんな小さい町でピサの斜塔を知らないことないよね?」と思いながら、"Go straight?"と聞くと、ひらめいたように"Yes! Yes and to the left"と言いました。「いきなりの英語で戸惑わしちゃった。ごめんなさい」と思いながら、礼を言い、真っ直ぐ行くと、川に突き当たりました。そして、言われた通り、左に行くと、橋があり、そこからはピサの斜塔への案内があったので、安心して歩きました。ピサの斜塔の敷地内に入っても、1件ほど移動屋台が開ける準備をしていただけで、お土産屋さんもまだ開いていない状態でした。まだそんなに観光客もいない感じでした。予約時間まで充分時間があったので、ピサの斜塔や大聖堂などを撮影したり、ミサ中の大聖堂の中を見学することもできました。塔に上る前に、荷物預り所に行くと、すぐに順番が来ました。パスポートもお財布も預けなければならないと聞き、ちょっとドキドキしましたが、言われた通りにしてカメラとチケットだけを持って、子供のときからの夢、ピサの斜塔の前で予約時間の10時45分になるのを待ちました。


さて、本日は花小物さんの作品をご紹介します。

チューリップ
チューリップ
実は花小物さん、先月のハンドメイドの売上÷レンタル料(コスパ)順でNo.1でした。
チューリップ
花小物さん、おめでとうございますtoyoda01
チューリップ
若干先取りした季節感が、No.1の栄冠に輝いた理由の一つだと思います。


スイトピー
スイトピー
なぜならお客様は、店の陳列から気づきを得ると、購入に至ることが多いからです。
スイトピー
更に、同様な季節商品が並ぶ前だと目立ちますよね。
スイトピー
つまり、店外も含め、皆がやり始めた時にやるのは、もう遅いですね。
スイトピー
よっぽどお客様のハートを射抜くような作品でないと群雄割拠の中では目立てません。


さくら
さくら
しかし、これをご存知の方は多い。それでも、できていない人が多い。


お花見小箱
お花見小箱
なぜなら言うは易く行うは難しだからです。


兜飾り小箱
兜飾り小箱
だから、継続的に当たり前のことを徹底して行うことは、他人との差を生み、大きな結果を導きます。


なんだか説教臭くなってすみません。ただ、市外からお越しの上、最近家族が増えて益々忙しくなった花小物さんの頑張りは、ぜひご覧頂きたいと思います。
花小物さんのお店
場所は、左奥、姿見が横にある棚、上から2段目です。


このページのトップヘ