こんにちは!

本日の「虎に翼」、前半はラブラブで平和な感じでしたが、後半から暗いシリアスな雰囲気になりましたよね。特に女性弁護士として法廷に初めて立った久保田先輩の変貌ぶりには軽いショックを受けました。社会に出た女性として全てにおいて満点を求められる苦しさを寅ちゃんに話しているうちに、感情が入り、強要されたご婦人らしい口調から男言葉に戻ったとき、自分らしさを殺していたんだなと思いました。

そして、その自分らしさを解放できる場はどこかにあったのかしら? 同じ職場の轟くんは、先輩だから何も声をかけられなかったのかしら?と考えているうちに「あさイチ」になり、今度はよねさんが出ているじゃないですか? あのクールな役柄と違って、出演中終始、明るく笑顔で楽しそうに話している姿に目を白黒させました。しかも、地声も高く、よねさん役のときはあえて低くしゃべっているようでした。やっぱり役者さん達って、凄いですよね。


さて、本日はmichimaruya(ミチマルヤ)さんの作品をご紹介します。

ブローチ・抽象画(青と緑の風景)
21michimaruya2
こちらを付けていると、アートに精通している知的な人に思われるかも? 上のように横方向だけでなく、下のように縦方向に付けても素敵ですよ!
21michimaruya3
実はブローチ・抽象画(赤のある風景)ブローチ・抽象画(黒の風景)もございましたが、それらは売り切れました。皆様にご覧頂きたかったです。


アジサイのブローチ(ビーズと刺しゅう)
21michimaruya
今朝道端のアジサイがもう咲いていて驚きました。梅雨入りはまだですが、季節の移ろいは早いですよね。今から梅雨の間まで長くアジサイのブローチを楽しめますよ。


michimaruyaさんの作品は、茶色のボックスの中段左に置いてあります。
21michimaruya4
ぜひお手にとってご覧くださいませ。